タグ:大地を守る会 野菜 ( 5 ) タグの人気記事

 

高度経済成長期の農業




日本の高度経済成長期あたりの農業はどうだったのでしょうか。

そのころの農業においては、農作物は大量生産が、野菜を生む土壌は、
まるで工場から出荷される工業製品のように
大量の化学肥料や農薬が使われていたと思います。

そして出荷をする側の生産者も、大量消費の市場に応えるべく、
上記のような農業を当たり前として行っていた農家が多かったのではないでしょうか。

 大地を守る会としては、このような時代にあって、
微生物やミミズさえ生存が難しい大地を後世に残すことは、
いずれ人間にもツケがくると考えていました。

 当然にこのような農業では、化学肥料の多用による環境汚染や残留農薬の
人体への影響や効果が問題となっていたことは説明に難くありません。

大地を守る会はここに問題点の主眼をおいたのです。

049.gif大地を守る会 設立経緯

さて、大地を守る会の設立経緯について見てみましょう。

大地を守る会が設立されたのは1975年。今から38年も前なんです。

その当時の日本はどのような時代はオイルショックの後でした。

この時代において、美味しい有機野菜を作ろう。

消費者にとって安全な野菜をつくろうと言った農家は少なかったと思います。

でも、大地を守る会はこの時代に設立されたのです。

考え方は今も全く変わっていません。人間のエゴで自然を犠牲にしてはならないのです。

人と農作物の間には大地があって、そこから美味しい野菜が作られる。

そしてその大地を守らなければならない。

これが大地を守る会の考え方であり、ただの口コミだけで売れているだけではない、
本当の野菜づくりをしているのです。

大地の味のする野菜をぜひ食べてみてください。

↓↓↓大地の味がする!家族に安心して食べさせたい味↓↓↓
安心して食べれるお野菜を玄関までお届け!詳しくは>>>コチラから

[PR]

by da1mmr | 2013-02-01 09:21 | 大地を守る会について  

大地を守る会の野菜が安全な理由




大地を守る会のポリシーは、
できるだけ農薬を使わずに使用せずに野菜を作るということです。

では、ほうれん草を例にとって見たいと思います。

葉の柔らかいほうれん草は、アブラムシ等の害虫に被害を受けやすいのですが、
大地を守る会では、知恵や手間をかけることによって、安全な野菜が作れるよう努力しています。

その根拠を、ほうれん草への農薬の撒布回数を事例に見てみましょう。

ほうれん草の出荷出荷までの農薬使用回数は、

一般の栽培方法 7回。
特別栽培 4回
ですが、

大地を守る会の栽培方法では、なんと0回。
農薬を使用していません。

これはほうれん草の事例ですが、つくる野菜全般においても大地を守る会では
極力農薬を使わないようにしようという考え方があるのです。

↓↓↓なんと農薬0!体を大事に思うなら・・・↓↓↓
⇒家族が安心して食べられるお試し野菜セットは送料無料で980円からです!

[PR]

by da1mmr | 2013-01-30 09:00 | 大地を守る会野菜の安全性  

こだわりの野菜づくり




海洋深層水というと、最近はスーパーなどでもおいているところが多いですが、
ちょっと高めのミネラルウォーターですよね。

農業用水として使用するのはちょっともったいないような気がしますが、
実は、海洋深層水は水道水や井戸水に比べ、
野菜の成長に必要な窒素やリンが豊富に含まれており、野菜づくりには適しているのです。

ここに野菜づくりこだわりがあるのです。

石渡さんの作る春キャベツは育苗の時期からたっぷりの海洋深層水を与えます。

これにより、甘くふんわりとした春キャベツがつくられるのです。

美味しいと評判のお蕎麦屋さんが、水やそば粉にこだわるように、
美味しい野菜を作る農家の方もその育成方法にこだわりをもっているのです。

大地を守る会のこだわりの野菜を是非ご賞味ください。

↓↓↓キャベツ好きなら絶対食べたい味!↓↓↓
>>>ふんわり春キャベツを頼んでみませんか?お試しは980円から!

[PR]

by da1mmr | 2013-01-28 09:05 | 大地を守る会生産者こだわり  

野菜づくりと海洋深層水




海洋深層水が農業用水に適しているという話を聞いた事をあるでしょうか。

この話いくつか実例があって、沖縄県などでは、茄子の栽培の際に、この水を用いており、
収穫された茄子はアクの少なく、まろやかで甘みをだすのに効果があるという報告が出ているのです。


海底を流れる水が、大地の農作物を育てるのに効果があるという事実に、
何とも科学技術の進歩を感じてしまいます。

大地を守る会の野菜の生産者にも、その野菜の育成の際に
海洋深層水を使用している農家の方がいらっしゃいます。

神奈川県の農家 石渡稔もその一人です。

海洋深層水を農業用水として使用しています。

では、このような海洋深層水を使うことによって野菜づくりに
どのような効果があるちょっと見てみましょう。

↓↓↓こだわりの生産者も見れます!↓↓↓
>>>生産者の思いが詰まった美味しいお野菜はコチラから!

[PR]

by da1mmr | 2013-01-22 16:05 | 使用するこだわりのアイテム  

ストレスフリーの大地を守る会の野菜




野菜に養分を与える栄養素は窒素、リン酸、カリなんです。

肥料の種類は化学肥料であっても、有機肥料であってもここは同じなんですね。

化学肥料場合は、肥料を土壌に撒布すると営業分が直接野菜に吸収されますが、
有機肥料の場合は鶏フンや骨粉などを主原料としているため、
野菜に栄養分あ吸収されるまでに、一工程増えます。

土壌の中の微生物がこれらの有機物を栄養素に一度分解してから野菜に吸収されているのです。

有機肥料は化学肥料よりもその栄養素が野菜に吸収されるまでに時間はかかりますが、
肥沃な大地で育成された野菜はのびのびと育っており、
効果的な栄養書の吸収によってその味もしっかりと濃いものになっています。

大地を守る会の野菜が届いて、その箱を開けると自然のいい香りがします。

ほんとに大地の香りなんです。


大地を守る会の野菜の味をぜひお試しください。

↓↓↓届くとメニューも自然と浮かびます♪↓↓↓
>>>家族に美味しい感動を♪お試しセットは送料無料で980円から!

[PR]

by da1mmr | 2013-01-19 15:53 | 大地を守る会で使う肥料について